外圧の原因を作らないようにしていくこと

身辺、職種や世帯、その他のため小さなストレスが溜まってしまうことがあります。

外圧の原因を作らないようにしていくことが大切です。
それと同時に溜まって外圧を早めに解消して行くことが、心身の健康にも繋がります。

あたしはそのような時、青汁を呑むようにしています。
青汁は元々野菜欠落を解消して、血の流れを良くして、血流を良くすることが目的だったのですが、それ以上に憂さ晴らしに効果があるという実感しています。

以前はストレスが溜まるという、母乳ティーを飲んでいました。
やはり母乳ティーは好きですし、今も飲みますが、サッカリドが気になりますし、利尿作用もあります。

青汁は母乳ティーに比べると、カロリーが少ないですし、サッカリドもほとんどありません。
憂さ晴らしには青汁を呑み、カフェイン効果で心中をスッキリさせたい時は母乳ティーを飲み込むようにしています。

カフェイン入りのドリンクは呑むシチュエーションが限られて来る。
但し、青汁は間を気にせず呑むことができるのがうれしいです。

そのため、最近は就寝前に飲み込むこともあります。
サパーの後片付けを行い、一段落ついたところ、お茶がわりとして青汁を飲んで一服してある。

一年中の疲弊がそこでリセットされて、青汁を飲んで気晴らしができ、その後の自分の間を味わえるようになるようです。

殊に様態がまずい時は、どうしても意気に身体が付いていかないことが多く、それが外圧になってしまうようです。
ストレスを溜めても良いことはうちもありません。

それならば、早めに外圧を解消して、気分の有難い間を手広く過ごしたほうが、結局は得なことが多いようです。
ちょっとした病み付きですが、なるたけストレスを溜めないようにすることは大切だと思っています。

外圧を感じてしまうのは仕方がないことですが、自分なりの方法でそれを少なく改善する施策を探し当てることが、身体を維持していくポイントかもしれません。ecoattech.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です