決心したのは60を過ぎてから

私のウエイトが目に見えて目立ち始めたのは、50を目前にしたあたりだ。息抜き法が食する先、最も甘いものが立ち寄りません。世代的こともあり、ウエイト・コレステロール・中性脂肪根こそぎ上乗せ流れでした。高脂血液症薬の内服を開始し薬の効果で、血検査の結果は、順調。これが死角に繋がり、食事のみならず、真夜中更かし、アクション不備などお決まりを見直すことをしませんでした。体重が増えるといった腰痛も出てきて余計にはたらくのが億劫になります。貫くと、なんか口さみしいなぁと思い、ついおやつに手が伸びる、また肥えると行き詰まりというわかっていても、直せませんでした。

こういう状況から脱しなければいけないって、決心したのは60を過ぎてからだ。そう、「年金生涯」を実感してからです。ここまでは、初めて無事に生きてきました。これからは、残りの宿命どれだけかはわからないけれど、悔いなく過ごしたいと思いました。そのためには、やはり健康でなくてはいけない!という痛感したのです。元々野菜が好きでなかった私は、何となく脂っこいものだけにウエイトが赴き、ディナーに変形が際立ちました。若い時は、一家もそれで喜んでくれていました。今は更に父親という私の両者。好みも少しずつ変わってきました。この頃は魚介集まりという野菜が中心の食事に大変なってきました。主食の音量もちょっぴり軽めとしています。夜間のお菓子もほぼ無くしました。アクションも積極的ではないですが、週間2回往路半かけて遠いスーパーマーケットへ徒歩で行くようにしています。

ウエイトは収まりませんが、腰痛や膝関節痛も楽になりました。。内服施術を継続していますが、検査データーが悪化していないので、ホッとしています。エコー検査では「血管は若いよ」と言ってもらい、気持ちでガッツポーズをとっていました。依然「食事の改革ができた」は言いきれませんが、念頭に置き、適度なアクションを心掛けて、健康寿命を延ばしたいだ。http://すっぽん・小町.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です