大層素敵なものになったのは勿論

幼い頃の我々の諳記に、自宅のお母様がアロエを四六時中一本一本切り取っては、その組立てをべたべたに顔に塗っていたという、ちょっと怖いものがある。
皮膚がぴかぴかになると聞いたからという、単純な根拠だったという。確かに周りに比べれば卵皮膚だったように思うが、本当の効果は思い付か。
さて、時は流れて、去年1月下旬位、ポッキリ自治会のお正月会で知り合ったばかりの、町内における床屋のおじさん(後に70台センターといったわかる)の会社で
我々はついに髪を切って買うことにした。
古びた木造の床屋で、しかもそれなりの料金がするので、髪形に無頓着な我々はそれまで世話になろうは思わなかった。
ただし、何となく気になり、お店に行き髪を切ってもらった実り、髪形がいつもの1000円引き下げよりも大層素敵なものになったのは勿論ですが、
連想を通していなかった程の大きなポイントを手にすることになった。
どういうことかというと、髪を切ってもらっている期間、我々は鏡に思えるおじさんの髪のふさふさ有様、白髪は混じっては要るものの、
層に不相応な黒髪の直感がやっぱり気になって方法なかった。まもなく40歳になる我々はとっくに生え際の後退、そして白髪が際立ち始めて
いたからです。我々はちょっぴり尻込みしたが、思い切っておじさんに聞いてみた。
「おじさん、髪ふさふさですね。何か特別なこととかやってるんですか?生え際も30勘定の我々よりもしっかりしているし、白髪も異常に少ないですよね。」
そうするとおじさんは、「否、ぐっすり仰るんだけれどね、こちら髪も染めていないし、育毛剤とかも使ってないんだよ。ただ平凡と比べて違うことをしていると言えば、
四六時中アロエの肉を食べて、スペースは髪の生え際に塗っているって所ほどかな。あなたのお宅に生えるものを持ってきてくれるから、収支ただなんだよ」って笑顔で教えてくれた。
あの昔にお母様が塗っていたものか!といった我々は衝撃を受けた。確かにアロエ飲料やアロエヨーグルトなど、巷ではよく見かけるけれど、そこまでは。
最近白髪が多くなり、どうもM言葉が気になってきた我々としては、ほんの少しでも効果があるなら、というビジョンだったのだとおもう。
さくっと、近くのホームセンターとwebショッピングでアロエベラとキダチアロエの二種類を5鉢ほど購入した。
そうして、一本ずつ切っては、2、3センチに切り分け、消息筋のゼリー状のものを食べ、内側の余った部分は髪の生え際(M言葉が進んできたパーツ)に塗り、
皮はとげを切り落としたパーツをはちみつに付けて食べた。残る部分はラップにくるみ冷蔵庫に捕獲やる方式をとった。
その暮しを3か月ほど続けたところ、M言葉の部分に幾らか変容が見られた。髪質が明らかに変わってきたのだ。以前のか細い、か弱い感じではなく、
弾性といったこしが出てきた。そうして、別途3か月ぐらい経った事、今まで無かった部分にも僅かではあるが毛が生えてきた。
最近、年間という1か月が経つが、M言葉だったパーツが明らかに無くなってきて、しかも白髪も完全ではないが、去年に比べると生じるスピードが
落ちているステップです。こういう2月で39歳になったが、時期を取って白髪が減少しているのであれば、効いていると考えて良いのではないかと想う。
もちろん、それぞれの人の生活や食べ物、アロエとのツキ、断然アレルギーなどは考慮すべきというが、もしもそのあたりがクリアできる
ヒトであるなら、トライしてみる役割はあると想う。我々はこれからもアロエ暮しを続けようと思っている。
そうして、床屋のおじさんのように、70歳、80歳になっても、ふさふさのダンディーさを保っていたいという。チチガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です