ウェイトも5kgぐらい落ちて

10代のあたりから酷い面皰に悩んでいました。新しく内増えても友達からはわからないほどいつでも面皰だらけでした。

原因は重荷と、ディナーが悪いのではないかというのが自分研究だ。お家でしたが昔から身体に良いとは言えないディナーばっかりでした。両親はたばこも吸うしお酒も沢山飲み込むし、もっとボディを大事にしてほしいって幼子ながらに思っていました。

行ない始めて独り暮しするようになってからはディナーに気をつけました。3食自炊で身体に良いものを。

3ヵ月ぐらいしたら大変利口に、半年したら始終憧れていた面皰のないスキンになれました。ウェイトも5kgぐらい落ちて実態も望ましく、断然日々食べてる物でボディは作られるのだなと実感しました。

表面的には綺麗になったけど、お家にいたあたりから胃の疼痛を感じていたので病舎に行きました。医療の結果胃潰瘍があるとのこと。「必ず」というのが正直な心中でした。

ただ、胃潰瘍は自然治癒してきているので、薬だけ暫し飲んで、後は年間に1たび胃カメラを飲んで検査することになりました。

「そういった胃は胃ガンになりやすいから」と言われゾッとしました。たまたまその後も悪化は発見されず、今は3階級に一度の医療になっています。

日々たばこを吸ってお酒も沢山飲んで、ディナーも習慣にも気を付けない暮らしを続けてて疾患になったやつを沢山見てきました。状況を外せない私のことを笑ったやつもいました。普通に生きてても疾患になる気苦労があるのにあえてレートを上げなくても、と思います。

勿論私の父兄も疾患になり、疾患になってから遂に食事に気を付けるようになりましたがあえなくお父さんは何度かの施術という入退院の結果亡くなりました。検査費は莫大な一品でした。身寄りとしても金銭的にも精神的にも多くの受け持ちを負いました。

我々は男と幼子には健康でいてほしいだ。ディナーに気をつけて、面白く元気に。それが私の幸せです。クラリスロマイシン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です