妻なら誰もが美肌になりたいですよ

妻なら誰もが美肌になりたいですよね。美肌を保つためには日頃のスキンケアが重要になります。
今回はその日頃のスキンケアに関して、ライターも気を付けていらっしゃる決め手を3つご紹介します。

①「拳固」ではなく「泡」で洗う
シャンプーを行う期間、シャンプー容姿を泡立てて、手で顔付きを洗いますよね。
その時皮膚の汚れを落とす為にゴシゴシと手強い力で洗って要る方もいると思いますが、これは制御!
拳固の外敵が糧になり、たるみの原因になってしまう。

じゃあどうして洗えばいいかというと、シャンプー容姿をプクプクに泡立て、ストレート拳固が皮膚に触れないよう、「泡」で手厚く流します。
これでは染みが取れないんじゃない?って感想が聞こえてきそうですが、安心してください。十分に染みが落ちますよ!
最後に泡を出すときも拳固に外敵をかけず、手厚く泡を流しましょう。

②メーキャップ水は、惜しみなくジャバジャバ取り扱う
みんなメーキャップ水はどのくらいの体積を通じて保湿していますか?
メーキャップ水の背部のレヴューに「500円玉程度の体積」という書いてある代物もありますが、これでは少なすぎ!
中には良いメーキャップ水を通じていて、勿体ないから…とチマチマ使っている方もいると思いますが、では十分に保湿出来ず、せっかくの高マテリアルも結末が薄れてしまう。

皮膚の魅力を保つには、十分な保湿が大切です。思い切ってメーキャップ水を思う存分とって、皮膚に魅力を与えてあげましょう。
ドラッグストアなどで見掛ける大体積のメーキャップ水なら、惜しみなくジャバジャバといった使えるのでオススメです。

③メーキャップはその日のうちにことごとく減らす
こういう謳い文句はよく聞くし、基本中の基本とも言えますが、飲みの帰路や残業の消耗等で、メーキャップ減らすのが面倒臭くて丸ごと寝てしまった経験がある人間は多いと思います。
いよいよメーキャップを落とさず寝てしまうと、汚れやくすみ、シミ等の肌荒れの原因となってしまう。寝て仕舞う前に、その日の最後の気力を頑張って奮い起こしてメーキャップを落としましょう!(笑)

限り、スキンケアで気を付けておきたい決め手3選でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です