ラクトフェリンを十分に摂る

ラクトフェリンの摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

ラクトフェリンの摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのがお勧めです。

では、ラクトフェリンサプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、ラクトフェリンの働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

反対に、胃が空っぽの空腹時にラクトフェリンサプリを摂取してしまいますと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。

一般的に、妊娠してから病院が行う栄養指導や、母親学級で指導された方も多いと思います。

こうした場で、ラクトフェリンを多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。

ラクトフェリンを含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

食べ物を調理してラクトフェリンを摂取しようとする場合は、ラクトフェリンが熱に弱く大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、ラクトフェリンの摂取量を考えていただけたらと思います。

ラクトフェリンと言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、ラクトフェリンだけを摂っても不十分です。

妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、ラクトフェリンそれだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリによるラクトフェリン摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。

妊娠しやすい体になるために、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけてください。

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。

ですが、男性にも出来る妊活があるんです。

それと言いますのも、ラクトフェリンを十分に摂るという妊活なんですね。

不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

ラクトフェリンにはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

ビタミンMやビタミンB9とも呼ばれるラクトフェリンは、代謝に深い関わりを持っていて、タンパク質や核酸などの欠かすことのできないものの合成に働き細胞の生成および再生を助け、成長を促します。

以上のことから、細胞が新しくつくり出される場面では必須の栄養素でしょう。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われるラクトフェリンですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食品に含まれるラクトフェリン量の数倍ものラクトフェリンが入っているため、既定の容量を厳守するようにしてください。

実際にラクトフェリンを摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?ラクトフェリンの過剰摂取は胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。

他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です